四谷シモン人形館にて

香川県坂出市 四谷シモン人形館 淡翁荘 鎌田醤油が運営する洋館にてポートレート写真スポット☆

ハニープラセンタ

まずは何はともあれ公式サイトのリンクです!

 

開館日 木・土・日  10:00 – 16:00

↑これ重要!!

入館料500円!!

そして、人形に触ってはいけないが、撮影は自由!!

フラッシュの制限もないようだ。

途中で、出入りもしても良く

徒歩圏内に商店街や飲食店もある。

朝から閉館時間まで過ごす方もいるようで

その気持ちはよく分かる。

ちなみに、館内でコーヒーも販売している。

アクセス

と、まぁここなんだけど

案外たどり着けない

何を隠そう、僕も周囲をぐるっと一周回ったし

モデルさんも迷子になった(´・ω・`)

なぜか!!

 

分かる??

この月極の雰囲気を醸し出している駐車場に入って行くからだ!

なかなか迷う。

けど、奥に入って行くと看板も出ていて

到着です☆

中に入ると

とても親切な管理人さんが色々説明してくれる☆彡

なんと、ここの所有者は四谷シモンさんとなんの関係があるかというと

「なんの関係もありません、ただのファンです!」

との事、いやはや、これだけの人形と施設を趣味?で開放しているとは

恐れ入りました(*’ω’*)

ポートレート的にどうなのか?

はっきりと言いましょう・・・

最高です(*’ω’*)

人形を写せば少し、クールな感じになるし

家具などはとてもおしゃれな洋風なので

すっごくかわいいです♪

松山にあったら、通いまくります(*’ω’*)

 

お写真です♪

徐々に追加していきます(^^♪

これが最初に入る間

左手に映るのが

「機械仕掛けの少年1」

~この間の写真は後日追加します~

 

二階上がる途中の

「天使-澁澤龍彦に捧ぐ」

 

左手に映るのが

1960年代の作品

「Head」

そして、右手にも人形がいます

「未来と過去のイヴ」~現地をご確認ください。僕のブログには掲載出来ないΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

更に左手に

「少女の人形」があります。

こちらも・・・現地で・・・

 

ここはね~なかなか面白いスペース。

人形がないと、反対に怪しいスペースになっちゃう(´・ω・`)

「機械仕掛けの人形2」

 

「カーテンの黄光をうける少女の人形」

じゃなくて、モデルさんです!

 

お洒落な洋館だから、可愛い写真もいっぱい撮れるんだよ☆

 

お人形さんっぽい表現もとても上手なモデルさんです(*´ω`*)

あとがき(全く読む必要のない部分)

近況

みんな、こんな部分は読まなくていいからね(´・ω・`)

記事を読んでくれたことのある人は知っている。

こうして、意味のない独り言がついていることを・・・

変な事を書いていて、ご依頼が無くなるようだったら文章はやめて

写真だけにしようと思って早一年。

今のところ、ご依頼に影響は無いようなので

「読んでない」OR「問題ない」そんなところだろう。

 

記事の更新自体、とても久しぶりな訳だけど

その理由は、やっぱり愛媛ポートレートの会の運営にそれなりに時間がかかることとかな。

今年に入ってからは、撮影は、週に二回までと制限をしているから

画像のお届けはそれなりに滞りなく進んでいる。

ちょっと、僕自身の撮影は先に伸びちゃう傾向にあるけど・・・

でも、みんなこの地域でポートレートを楽しんでくれているようになっていると、そう思う。

旅立つモデルさん

初めてお会いしたのは

それそれは暑い、夏のひまわりの日。

まいさんのお友達。

僕は意外なほど、モデルさんとの関係はドライだと思っている。

当たり前と言えば当たり前だけど、必要最小限以外の連絡はしないし

画像のお届けも淡々とこなしている。

それでいながらも、撮影日は、可能な限りモデルさんの事を知ろうと努力する。

「自分を知ろうとしない人に、良い表情を見せることはない」と考えているから。

時に、友人以上に、いや、もしかすると友人ではないからこそ話せる事もあるんだろう

とても親身に相手の事を知りたいと思う。

しかしながら、あくまでもカメラパーソンとモデルさんの距離感は

目の前にいながらも絶対に手の届かない距離。

彼女たちと僕は、同じ空間にいながらも違う時間を生きている。

僕は絶対的な距離感を示しているからこそ

きっと、モデルさんは信頼してくれるのだと思う。

え!?別に信頼してない!?かも知れないけどね(‘ω’)

いったい何が言いたいのかというと

まいさんの同級生でもあるからつまり

彼女も学業を卒業し、社会人としてのスタート地点に立つわけだ。

三人での撮影は三回。

つまり、お二人の仲良しの輪に、ほんの少しだけ触れているわけなんだ。

だからね、ちょっとだけ友人!?なわけ(*´ω`*)

若き身にとって、卒業というのはあまりにも大きな行事で

生活スタイルがガラッと変わる。

また、しばらくは趣味に費やす時間もなかったりする。

彼女たちの卒業とは、ポートレートともしばらくのお別れが来る・・・

そんなこんなで、ともかく(あまりにも文章が長くなりそうなので)

新たなる門出を心より祝福しております(*´ω`*)

いっぱい、撮影の機会をありがとう♪