南楽園撮影会あおいさん

愛媛県南楽園でポートレート撮影会!!菖蒲が咲き誇る季節に観光スポットで(^^♪第三弾 あおいさん編~2~ 600㎜超望遠レンズでポートレートをしてみた。

ハニープラセンタ

第一弾りなさん編こちら~

第二弾あおいさん編こちら~

無料撮影会概要

2017年6月3日

南楽園で無料撮影会が開催された

誰でも参加できる。カメラマンは100人位いたんじゃないだろうか。

気軽に撮影し、ポートレート撮影を楽しめるってわけだ。

お写真掲載に関して

商用利用でなければOKということなので、大丈夫です☆

「綺麗に撮ったお写真を掲載してあげてくださいね」

とのことなので

自己判断ですが、常識的な範囲で選別しております。

目つぶりは掲載しない。

アンダーアングルもしない(というか撮らない)

万が一の肌着の映り込みも掲載しない(普通に撮ってたら映らない)

構図に関しては価値観があるので、自由にさせてもらっています。

もろ禁忌的な構図以外は幅広くOKとしてます。

南楽園とは

南楽園ホームページです!!

総面積153,322平方メートルの庭園は上池・下池二つの池を中心に現代造園技術の粋を集めて築いた四国最大規模の日本庭園です。
平成元年に「日本の都市公園100選」に選ばれました。
池の周囲を歩いて観賞できる池泉回遊式日本庭園で「山、里、町、海」の景観を構成しています。~ホームページより引用~

ちなみに、僕は今年の3月にこちらでポートレート撮影をした以来の来園となる。

その時の写真を少し

前置き(基本読み飛ばしてください笑)

僕は、愛媛でポートレートを本格的に始動したのが今年の3月

それまで、愛媛で撮影会があることすら知らなかった。

どうしてこの撮影会を知ったかというと、愛媛新聞を隅々まで読んでいたからである。

現在、メインに使っているTwitterで情報が流れてくることはなかった。

これまで、愛媛でポートレートを撮っているカメラマンさんの存在すら認識していなかった僕・・・。

けど、カメラマンさんにしてみればこういうイベントは皆知っているらしい。

四国には素晴らしいイベントが多数あるが、都会に比べ、圧倒的に発信力が少ない。

都会のイベントは、どんどん拡散発信し、不特定多数の人が集まるし、若い世代が集まりやすい。僕もその一人で、どうしても発信力の高いイベントが目に付くから都会まで行っていたわけだ。

何かイベントを知り、グーグルでピンポイントで検索しても、情報が出てこないことがよくある。このイベントもそう。もっと、どんな感じか、せめてグーグル検索でピンポイント入力したら出てきてほしい。

そういう思いで、僕は愛媛の様々なジャンルのイベントの写真を投稿しているし、Twitterで発信し続けることにしたってわけだ。

そうすれば、今の世代は必ず、「何楽園」「撮影会」とググる。その時に、このイベントの素晴らしさが分かるはず。僕だって今回、どういうイベントか分からないから、他のイベントに行こうかと考えていたくらい。

もしも、こんな素晴らしいモデルさんが来るって分かっていたら、最優先で来る!!

本日のモデルさん

香川から来られた あおいさん と りなさん

この地に来たのは初めてだそうだ。

偶然駐車場でお見掛けした瞬間、モデルさんだと分かりました

けど、あまりの眩しさに、なんだか恥ずかしかったです(;´・ω・)

どれくらい素敵かはお写真で!!

超望遠レンズを持ち出してみた。

午前中の撮影を終了して思ったこと。

囲みの撮影会というのは初めてで、モデルさんを数十人のカメラマンで囲んで撮影する。どこで撮っても、誰かと同じ作品になるのではないか!?

もし、だれも撮らない場所から撮るにはどうすれば・・・ってことで次の日に競技場で撮影するために用意していた600㎜+APSで960㎜の望遠で撮ってみたわけです。

お写真です。

これが望遠

と、まあ、いろんな物を写しこめるのですが・・・

 

フレームを取り入れたりもしてみた訳ですが・・・

なぜ後姿かって・・・!?

それは後姿美しいからです。

と言いながら、さすがに望遠で撮ってるとこちらには気付かれないわけで・・・

てことで、望遠レンズは失敗!?

私服すがた

 

この素敵な佇まい・・・こういうのを見て、望遠レンズを持ち出したんです。

こんな感じで手を振られたい( ´∀` )

なぜこんな構図なのか。

だって、この小さな橋の中で撮影すると、対面のカメラマンさんを撮っているみたいになるから・・・寄ったんです(横に)

けど、このラインの綺麗な感じはどうしても切り取りたかった。

道行くおばあちゃんがひたすら言ってました

「綺麗なモデルさんだねぇ」×5回!

またまた着物(^^♪

ここも超望遠レンズなわけで

 

この美しい菖蒲と綺麗な女性はなんとしてもフレームに収めたい!

数十人のカメラマンさんがひしめく中、悠々と撮れるのはまあ良かったのかな(^^♪

遠くから撮るならではのおさまりの良さ!

 

で、この辺りにくるとモデルさんが、こちらに気付き

たった一つのレンズのために視線を送ってくださる。

超優しい(*’▽’)

 

960㎜、ちゃんと写ってる。

傘をさしていると、赤みを嫌がるカメラマンさんもいたのです。

そんな事まで考えるのかと感心しながらも、やはり眩しくない表情の方が素敵かなとか、デジタル時代のカメラマンとしては、後から処理したらいいのではないかとも思う。

けども、それは邪道なのかもしれないし、とにかくいろいろ勉強になった。

 

綺麗な南楽園♪

例の赤味。なるべく消したけど、まぁ、傘が赤いんだから少しくらいモデルさんも赤い色が写ってる方が自然!?

 

菖蒲とモデルさんだけ浮かび上がらせてみた。

 

この佇まいがとっても好き!!

綺麗だなぁ・・・

これは普通のレンズ70-200。

 

やっぱりこっちの方が、いっぱい目線を頂けます(^^♪

第四弾完成しております☆