撮影スキル

女性の方がポートレート撮影時に嫌だと思う事(´・ω・`)

ハニープラセンタ

まず大前提として、愛媛ポートレートの会の女性の皆様はプロではなく一般の女性であるという事があります。

その中で、僕が皆様のお話を聞くうえで、このような事が嫌だったという事をまとめてみました。

とはいえ、ほとんどの女性が「嫌だと思ったことを」その場では相手方には伝えませんし、ことさら僕にそれを伝えてくれることはありません。

ほとんどの場合、ご自身の心に留め、もちろん丁寧に接しますが、次回の撮影はなんとなく敬遠する。という事になるようです。

■よくある嫌な事■

○ボディタッチ

これは絶対にない方が良いです。ポージングをお願いするときにでも、つい身体が触れてしまうのもダメです(´・ω・`)

○肌着が見えそう

男性目線での良い女性の絵と、女性目線はかなり違います。お外でのポートレートは周りの視線もあり、座るという時点で抵抗がある方もいらっしゃるのでかなり慎重にしましょう(*’ω’*)

○暑さ、寒さへの対策

女性は、自分から「暑い」「寒い」「しんどい」とは言いだしにくいものです。男性側から、体調には気を使いましょう☆

「疲れましたか?」とお聞きしても「大丈夫です」と多くは答えてくださるので「休憩しましょう」と断定したほうが良いようです。

○服装の指定

個人のイメージがありますから、ある程度の相談は必要だと思います。ただ、丈の短いスカートの指定、冬なのに素足の指定等、露出を求めるのはかなり引かれるようです(*´Д`)

○設定に夢中になって、モデルさんの放置

夢中になっている側には少しの時間ですが、待っている側は長く感じます。個撮は慣れてから挑戦したり、オート機能も活用してテンポよく進めましょう(^^)/

○プライベートに踏み込む

あくまでも、カメラマンとモデルさんという関係なので、距離感を保ちましょう。こんな方は居ないと思いますが、いきなり電話をかけて来る方もいたりして、完全NGです。また、頻繁過ぎるメッセージはご負担になります。